【移転オープン】パンのおとの新店舗に行ってきた【おいしいパン屋】

富山の人気ぱん屋と言えば「パンのおと」。

ぼくも大ファンだった。

>>>【パンのおと】対面式販売の絶品パン屋さんに行ってきた。

今回、そんな「パンのおと」が移転したので、さっそく新店舗に行ってきた。

「 パンのおと」の新店舗の営業時間・定休日など

店名  パンのおと
電話 076-464-6922
住所 富山県富山市五福5388
営業時間 11:00~18:00
定休日 月曜日
駐車場

*情報は当時のものです。現在は変更されている可能性があります。

「 パンのおと」の場所

「 パンのおと」に行ってきた。

パンのおとの移転先は、富山市五福。

神通大橋の近くにある。

外観はとてもパン屋さんに見えない。

オシャレな蕎麦屋のような外観だ。

傍にはウェルシアフジイがあるため、目印にすると良いだろう。

 

玉砂利の通路の奥に入り口がある。

やはり人気店のようだ。

この日は土曜日の14時30分。

店内には5人ほどのお客さんがレジに並んでいた。

店内はこじんまりとしている。

まさに知る人ぞ知るといった雰囲気だ。

お昼になると売り切れのパンも多いようで、品ぞろえも限定的。

 

それでもフルーツたっぷりの人気のフリュイに……、

フォカッチャに外はカリカリ、中はもっちりふわふらの田舎パンなどが並んでいる。

 

ぼくはこれに加えて「ミニワッサン」を買っていった。

 

いざ実食!

まずはミニクロワッサン。

我慢できずに車の中でパクリ。

 

衝撃だ。

幾層にも分かれた生地の歯触りの心地よさが尋常じゃない。

サクサクした感触を口の中で味わいながら、ほのかなバターとパン粉の甘味が鼻から抜けていく。

ものすごくおいしい。

特に「咀嚼音」に目がない人はぜひ食べてみてほしい。

 

値段は150円。

やや高めなこの店にしては、お手頃。

自信をおススメする。

 

フリュイ

オレンジやレーズン、あんずにグランベリー、ブルーベリーなど、フルーツたっぷりの人気のパン。

フルサイズで2,000円と結構な値段がする。

今回、ぼくはハーフサイズを購入した。

お願いすると、手早く食べやすいサイズにカットしてもらえる。

断面から見てわかるように、ギッシリと種々のフルーツが入っている。

軽くトーストして食べてみた。

サクサクの耳と、ふんわりとした中身。

甘味のあるフルーツのバランスが最高だ。

一口食べる止まらない。

値段は高いがそれに見合うパン。

冷凍をして、休日の朝に頑張った自分へのご褒美に食べたくなる。

 

田舎パン

岩のような無骨なパン。

厚いハードな耳にまもられた内側は、おどろくほどモチモチでやわらかい。

外側のザックリ感と内側のしっとり感のコントラストが絶妙。

量も多くて500円と手ごろなのもうれしい。

こちらも焼いてバターで食べたが、「田舎パン」の名称とは似つかわしくない、高級ホテルのパンのようにおいしくいただけた。

今回購入したのはこの3種類。今度は早めの時間に行って、他の種類のパンも食べてみたい。富山のパン好きはぜひ試してほしい名店だ。

お店の個人的感想
最高。
値段 やや高め。
雰囲気 オシャレで清潔感のある店内。
特徴 お店の外にはたくさんの薪があります。
その他 色んな種類を食べたい人は早めに行きましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

広貫堂の薬膳カフェがおいしかったので紹介する!【富山の薬屋】

道の駅雨晴がデートに超おススメな件!

【ボブ(Bob)】石窯で焼いたハード系パンがうますぎる!【富山パン隊】

ベーカリーみや(岩瀬)がおいしい!日本一の食パン?【富山パン隊】

ブーランジェリー トランティアン (Boulangerie TRENTE ET ...

【ルネット】食材にこだわった富山市のパン屋に行ってきた