麺屋一鶴(いっかく)は富山で魚系ラーメン好きには外せないだろ!

富山に住んでいるなら魚が好きでしょ。

魚が好きなら、煮干しラーメンも好きでしょ。

ってことでミシュランにも掲載された、煮干しラーメンの名店「麺屋一鶴」さんに行ってきた。

さっそく行ってみたので感想を書いておきたい。

麺屋一鶴の営業時間・定休日など
店名 麺屋一鶴
電話 非公開だよ
住所 富山市中島1-3-36
営業時間 11:30~14:00(昼の部)18:00~20:00(夜の部)
定休日  月曜日、火曜日

*情報は当時のものです。現在は変更されている可能性があります。

麺屋一鶴(いっかく)の場所

麺屋一鶴に行ってきた。

店舗外観

富山市の中心部と富山港を結ぶ県道30号線沿いに一鶴はある。

緑色のタイルパネルの下半分だけ、木の板が貼ってある独特の外観。

看板にどことなく威厳を感じる。

駐車場は店舗前に5台分確保されているが、人気店のため埋まっていることも多い。

いっぱいであれば裏手にも5台分の駐車場があるため、そちらを利用しよう。

指定場所以外には絶対に止めないように。

問題になっているようで、注意を呼び掛ける張り紙がしてあった。

 

店舗内観

土曜日の12時前に入店。

入ると券売機が。

超富裕層(嘘)であるぼくの財布には一万円札しか入っていなかったが、大丈夫。

ちゃんと両替機も用意されていた。

相方は味玉煮干しラーメンを、ぼくは特製とんこつ濃厚ラーメンの食券を購入。

この時点で特製濃厚とんこつラーメンは1,050円である。

ラーメン一杯に1,050円である。

スーパー富裕層(嘘)のぼくも一瞬ビビったが、食券を買った後にキャンセルなどできるわけもない。

せっかくなのでしっかりと味わうことにしよう。

 

14席ある店内はあらかた埋まっていたが、最後の2席に座ることができた。

カウンターの向こうでご主人が麺を茹で、奥さまができあがったラーメンを配膳している。

壁越しのカウンターに着席!

店内は全てカウンター。

ぼっちでも安心して通えるお店だ。

回転は早いが、混雑時はできるだけ詰めて座るようにしよう

店内は綺麗で清潔感がある。

外壁からもう少し古いお店を想像していたがまるで違った。

落ち着いた雰囲気だ。

水もセルフサービス。

ぼくはコミュ障なのでセルフは逆に高ポイントである。

 

麺屋一鶴のラーメンが登場!

煮干しラーメン

まずは相方が頼んだ味玉煮干しラーメンから。

清んだ美しいスープ。

めずらしい鳥の胸肉チャーシューが2枚添えられている。

見るからに柔らかそうだ。

ざく切りの玉ねぎにメンマにノリが一枚。

そしてトッピングの味玉が一個。

 

鼻を近づけると、ほのかに煮干しの香りが鼻をくすぐってくる。

思わず腹が鳴る。

一口もらったが、煮干しのダシがよく効きながらも、魚臭さはなく、とても上品な醤油ラーメンだった。

鶏胸肉チャーシューも柔らかく、噛めば噛むほど鳥の旨味とスープの煮干しの香ばしさが口中に広がる。

アッサリ系が好きな人は気に入ること間違いなしだ。

 

特製とんこつ濃厚ラーメン

そしてぼくが頼んだ特製ラーメンがこれだ!!

さすがは1,050円の超富裕層向けラーメンだ。

丼の2/3を覆うほどの大きな、そしてぶ厚いチャーシュー。

これは食べ応えがありそう。

まずはスープを一口。

 

……これは濃厚。本当に濃厚。

とろみのあるとんこつスープなのだが、とんこつを圧倒するかのようなカツオ出汁が舌の上で跳ねる。

やや遅れて、鼻から豚骨と魚の風味が抜けていった。

胃が早く次を寄こせと主張してくる。

 

では麺に行こう。

太麺の面に、魚粉が絡みついてくる。

一気にすすった。

モチモチの麺。弾力が心地よい。小麦粉の甘味が濃厚なスープとよく合う。

 

次はチャーシューだ。

箸にずっしりと感じるチャーシューの重み。

我慢できずに大口でかぶりついた。

脂は口の中でほろりと溶け、肉は噛むほどに味が染み出してきた。

思わず顔がニヤける。

 

そして味玉。

スープを少し含ませ、一口に半分食べる。

……これは絶品。

長くタレに付けられたであろう黄身はねっとりしていて、舌に貼りついてくる。

弾力のある白身と、粘性のある黄身。

そして魚介スープの相性はピッタリだ。

値段はトッピング分だけ高くなるが、ぜひ味玉のトッピングを勧めたい。

 

ザク切りの玉ねぎも辛みがあり、個人的には長ネギよりも好きでした。

コリコリとしたメンマがうまいのは言う必要がないだろう。

なごり惜しさもありながら、あまりのうまさに箸が止まらない。

一気に完食してしまった。

さすが麵屋一鶴。

レベルの高いラーメン屋が数ある富山の中でも、有数の煮干しラーメン店である。

まとめ

噂にたぐわぬ名店だった。

店主と奥様も丁寧な接客で気持ちが良い。

自信を持って、県外から来た友人も連れてこられるおいしいラーメン屋さんだ。

文句なし
値段 「特製」は富裕層向けw
店舗 インパクトのある外壁、綺麗な店内
特徴 とにかく魚介ラーメン
その他 土日は昼のみ営業なのでご注意を

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【牛屋-鐵】オシャレな鉄板焼きディナーならこの店!【高岡駅地下】

四十萬亭のランチは富山最強コスパ定食かもしれない。

moohno(富山市)に行ってきたぞ!【場所や営業時間は?】

富山県美術館「オノマトペの屋上」を紹介!営業時間や定休日は?

【天よし】1000円でボリューム満点の天ぷらが食べられる!

高岡に新名物?新たなカラーラーメン「にんじん担々麺」が誕生!