BUTAMAJIN(富山市)の食レポをするよ!

いつもお世話になっております!

今日は富山市の人気韓国料理店、BUTAMAJINに行ってきたので紹介するぞ!

BUTAMAJINの営業時間・定休日など
店名 BUTAMAJIN
電話 050-5571-7940
住所 富山市新根塚町1-1-62
営業時間 ランチ:11:30〜15:30(ラストオーダー15:00)
ディナー(平日):18:00~22:30(ラストオーダー22:00)
ディナー(金、土、日):17:00〜23:30(L.o23:00)
定休日  木曜日

*情報は当時のものです。現在は変更されている可能性があります。

BUTAMAJINの場所

BUTAMAJINに行ってきた。

店舗外観

まずはお店の外観から。

見た目はインテリアショップみたい。

とてもBUTAMAJINっていうワイルド野郎な名前の飲食店だとは思えません。

 

ぼくはランチタイムに行ってきました。

中に入ると「日本で一番美味しいサムギョプサル」の文字が。

期待値が高まるねー。

店舗内観

案内されてテーブル席に案内されました。

土曜日の二時前くらいに行きましたが、席は7割方埋まっていました。

写真に映ってないじゃんってツッコミが聞こえてきそうでうが、実はこれは三時前にお客さんが帰られてから撮りました。

そんなことより、室内もとてもオシャレですよね!

誰がこの店内を見て、「BUTAMAJIN」というワイルド野郎な名前を思いつくだろう。

 

「BUTAMAJIN」のメニュー!

ランチメニューです。

食べ放題だけどかなりリーズナブル。

ドリンクも飲み放題なのもうれしいね!

ぼくは定番の「MAJINカルメギサル定食」を頼みました。

 

「カルメギサル」とは豚のハラミだそうな。

もちろん、これも食べ放題です!!

ドリンク飲み放題!

ドリンクはグレープフルーツジュースを頼んだんですが、売り切れとのこと。

グレープフルーツジュースは人気なようだぞ!

何が何でもグレープフルーツジュースを飲みたいっていう、酸味が強いかたは早めに行こう。

ぼくは黒ウーロン茶を頼みました。

ズドーン。

ボトルで持ってきてくれます。

ぼくみたいなコミュ障にとって、なんども注文するのは気が引けるのでこれもありがたいですね!

ポイント高いです。

 

カルメギサル到着!

カルメギサルが来ましたよ!

玉ねぎとキムチもあります。

店員さんが優しく焼き方を教えてくれました。

写真では分かりづらいかもしれませんが、鉄板はかたがっています。

肉と玉ねぎは鉄板の上のほうで、キムチは下のほうで焼きます。

炒めるように焼くのがポイントだよ。

 

そして定食も来たよ!

雑穀米だ!

うれしいね。

葉野菜は5枚あります。

100円で5枚追加してくれるそうな。

さっそく食うデー!!

葉野菜にお肉を包んでいただきます!

 

 

モグモグモグ。

うん、サイコー!!

 

肉厚な肉は、見た目ほど脂が少なく、肉の旨味をダイレクトに味わうことができます。

全然しつこくない。

これなら量もたくさん食べられそう

スタミナ付きそうだぜ!

 

 

キムチもいただきます。

焼いて食べるキムチってめずらしいね。

パクリ。

 

 

おーーーーーーー! 辛い!!

カナーリ辛めです。

 

ぼくは辛いの大好きなんで、相当気に入りました。

1枚食べただけでおかわりすることを決意しました。

辛いの苦手な人はちょこちょこ食べることをおススメします!

 

 

途中、トイレに行くと豚がガンを飛ばしてきました。

なんだこの野郎!って喧嘩を売りそうになりましたが、お腹に「アイラブマニー」って書いてある正直さに好感が持てました。

多分、根は悪くない豚なんでしょう。

 

そして隣のマスターのイラストがじわじわ来ます。

 

シールを貼ると、ドリンクサービスしてくれるそうです。

ぜひ貼りまくってあげましょう。

 

席に戻って食事を再開。

ガツガツ食べちゃって、結局お肉もおかわりしました。

ふーまんぞくまんぞく。

黒ウーロンもたくさん飲んだよ。

オシャレに、リーズナブルに、そして腹いっぱい豚肉を食べたい人は「BUTAMAJIN」さんは最高におススメですよ!

中々食べられない豚のハラミは肉厚・ヘルシー。
値段 食べ放題でこれは安い!
店舗 雑貨店みたいなおシャレさ! 昼からコンパしてる人もいたよ
特徴 料理も形態(タベホ・ノミホ)は他になし!
その他 店内にはかわいい豚さんがたくさんいます

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

花むら(富山市栃谷)はとんかつフリークには外せない件

高岡の老舗喫茶店「カフェくらうん」に行ってきたぞ!

富山市の老舗喫茶店「ツタヤ」で優雅にコーヒーを飲んできた

ガラス美術館に図書館にカフェ、「TOYAMAキラリ」に行ってきた!

高岡市御馬出町に本格蕎麦屋が登場!「味彩」がおいしいぞ!

食事処「ろ」(富山市)がオシャレでデートにも使える件