引網香月堂古沢本店に行ってきたぞ!梅園がうますぎる

あぁ腹が減った。

まろまろです。

僕は酒が飲めないのです。

その分、甘いものが大好きなのです。

和菓子も洋菓子もホームランバーも大好きなまろまろです。

今日は元々は高岡の伏木の老舗として知られていた引網香月堂さんが、富山市に本店を移転したとの情報を聞きつけ、さっそく行ってきましたよ。

……ってか移転して大分経つんだけど、なかなか機会が無くて。

最初に言っておきますが、ぼくは梅園が大好きです。

引網香月堂古沢本店の住所や営業時間、定休日など
店名 引網香月堂古沢本店
電話
住所
営業時間 9時00分~18時00分
定休日  火曜日

*上記情報は当時のものです。現在は変更されている可能性があります。

引網香月堂古沢本店に行ってきた。

引網香月堂さんは富山県民の憩いの場であるファミリーパークの近くにあるぞ。

富山から言うと、有沢線を高岡方面に進み、ファミリーパークを過ぎた古沢西の交差点を右に曲がってください。

んで、しばらく行くと右手側にお店が現れます。

引網香月堂古沢本店の場所

 

引網香月堂古沢本店の外観

これが外観。

超絶シャレオツでしょ。

伏木のお店を知っている身からするとカナーリ衝撃……。

これが引網香月堂とは。

ほれ。看板まで。

格好いいぞ。

看板どころじゃない。

これを見たまえ!

車留めまでオシャレじゃねーか!!

もう中に入りたくてウズウズ感が止まらない。

入り口に近づくぼく。

のれん。

照らされる店名。

コミュ障には若干入りずらい雰囲気。

高級感が外観からも漂うぜ。

 

しばし自分の格好を確認。

 

スキニーパンツに白いシャツ。

 

うん、無難。

これなら「小汚い格好でお店の品位を損なう」こともないだろう。

 

勇気を出して失礼しまーす。

 

引網香月堂の店内へ!

お店に入ると、木の香りと、お菓子の甘い香りが混じり鼻孔を擽ってきて、テンションが跳ねあがります。

お、いきなり引網香月堂の看板商品「梅園」があるぞ。

引網に来たらこれは買わないとね。

食べられるスペースも用意されている。

だけどコミュ障だからぼくはもちろん持ち帰るよ。

他にもおいしそうなものがたくさんあるなぁ。

まめ蔵だって。

かわいい名前だなぁ。

 

どら焼きだったら、同じ富山の名店「中尾清月堂」さんのものが好きなんだけど、まめ蔵もうまそう。

手に取るとズッシリと重く、あんこがたっぷりと詰まっていることが分かります。

 

他にも「いみずや」ってブッセ。

プリン。

あんみつ。

家持まんじゅう。

さすが高岡発祥の引網香月堂。

大伴家持は高岡の伏木で5年間国守として赴任していたんだよ。

たくさんの歌を詠んだことで、今でも愛されている存在。

敬意を表しての家持まんじゅうなのだ。

 

あ、寒天もうまそうだね。

さらに鮎も。

引網香月堂のスバらしさの一端を示す表彰状も。

ふう。

想像以上におシャレな店内でした。

商品の種類も豊富なので、ついつい買い過ぎちゃいました。

実際、今回ぼくが食べたのがこちら。

 

まずはまめ蔵。

この綺麗な生地とあんこのコントラストを見よ!

割るとあんこが溢れてくるぞ!!

それからこれ。

いみずの。

ふわふわの軽い生地にレーズンがとっても合う。

引網香月堂っていうと和菓子のイメージがあるんですが、こういう洋菓子もとってもおいしいです。

 

そして看板商品のうめぞの!!

ほれ。

かわいいでしょ。

ちっさいです。

だけどー!

見たまえ!

中身にまるごと一個の梅が入ってるんだよ!

 

柔らかいおもちと梅の甘酸っぱさがたまりません。

お茶ととっても合います。

 

だって考えても見てごらんよ。

団子もお茶に合うし、梅もお茶に合うでしょ。

ってことはだよ。

 

梅園なんて×2でお茶に合うって話ですよ。

 

ほんとに分かりやすい例えだなぁ。

 

最後にプリン。

引網さんのプリンってどんなんかなぁって想像できませんでしたが、いやービックリするくらいうまかった。

とにかくなめらか

舌に載せると、サーっと溶けていきます。

気付けば口の中には何もなくなって、鼻からプリンの香りだけが抜けていく。

 

さすがは引網さん。

老舗の技術を活かして、定番商品だけじゃなく、新商品も積極的に開発されています。

これからも定期的にチェックしていくぞ!

 

富山のお土産に迷ったら引網香月堂はいかが?

お店の個人的感想
個人的おススメ 富山にいるなら一度は食べよう「梅園」!
値段 1個単位で帰るよ。だいたいどれも200円前後だよ!
外観 とにかくオシャレ!
特徴 店内でも食べられるよ!
その他 和菓子も洋菓子も豊富なバリエーション。自分用にも贈り物用にもどちらにも使えるお店!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

富山のもつ鍋屋「博多もつ鍋 龍(Ryu) 」に行ってきたぞ!

食事処「ろ」(富山市)がオシャレでデートにも使える件

糸庄のもつ煮込みうどんは富山のうどん好きには外せない名店だ!

十割蕎麦を富山で食べるなら「神通町 田村」は外せない!

高岡で富山ブラックを食べるなら「誠や」はどう?【富山ラーメン隊】

【ルネット】食材にこだわった富山市のパン屋に行ってきた