珈琲哲学富山西店を紹介する!【営業時間・メニュー・場所】

どうもぉー。

じっさんです。

相変わらず家から全然出ていない。

先日、人生の折り返し地点(40歳)の誕生日を迎えた私。

このまま朽ち果てていくのだろうか。

なんとなく物悲しい気持ちがしないでもないけど、でもほとんどの人の人生ってそんなもんだよなぁ。

 

とりあえず死ぬまでに大好きなコーヒーをたらふく飲んでおこう。

大きなプール一杯分飲んでおこう。

とりあえず富山の有名店「珈琲哲学」さんに行ってきましたよ。

珈琲哲学富山西店の概要

店名 珈琲哲学富山西店
電話 076-434-6288
住所 富山市栃谷442
営業時間 9:30~22:00(LO.21:30)
定休日  第2、第3木曜日

珈琲哲学富山西店の場所

珈琲哲学に行ってきた。

やってきたのは珈琲哲学富山西支店。

とんがった屋根の目立つ建物でございますねぇ。

視力が悪い私でもバッチリと発見できました。

視認性良し!

 

さっそく店内に入っちゃいますよー。

うゎ!

誰やお前は。

ペッパー君やないかい。

毎日毎日働いてるんだなぁ。

壊れない程度に頑張ってくれよ!

 

ペッパー君をガン見していると、バイトのお姉さんが恐る恐る声を掛けてきました。

ヤバいヤバい。

ペッパー君とメンチを切り合っている変なオッサンがいるぞ、と思われたかもしれない。

この後、バックヤードで笑いものにされていないだろうな。

ネガティブ思考がムクムクと湧き上がってくるぜ。

 

そんな私の心の乱れなんて知らない体で、お姉さんは席まで案内してくれます。

メニューが豊富!

いやぁ迷っちゃうなぁ。

コーヒーだけを飲みに来たつもりが、腹が鳴る。

よっしゃ、飯も食っちゃるぜ。

 

それからコーヒーもちゃんとありますからね。

食後には味わっちゃいますよ。

 

そんじゃあ注文するか。

席に置かれた呼びボタンを押してて店員に来てもらいます。

「選べるサラダセット」を頼んで、食事はマルゲリータを選びました。

 

お水を一口、お口に含んでため息を一つ。

文豪になった気分で食事を待ちます。

 

店内はめちゃくちゃ広いんで一部だけ。

木を基調にした落ち着いた雰囲気の店内です。

お客さんもいっぱいいました。

さすが人気だね。

 

まずはサラダが来ました。

量がスゴイ!

生ハムうまそう。

噂には聞いていましたが、やはりボリューム満点ですなぁ。

 

むしゃむしゃとサラダを食する私。

普通においしいです。

まぁマズイサラダってそんなにないけどね。

生ハムがやっぱり良い感じ。

サッパリしていてこの後のメインディッシュに心が膨らみます。

 

 

そしてやってきたマルゲリータ!

でけー!

そしてうんまそう。

香ばしいチーズが焼けた匂いに猛烈に食欲がわいてきます。

これはたまらん。

さっそくかぶりつく!!

 

一気に食べきっちゃいましたー……。

ってここで痛恨のミスに気付く。

し、しまった。

 

写真を撮り忘れた。

俺ってやつは……。

本当にクズ野郎だな。

胃の写真でも撮っておこうかと思いましたが、私は若干胸毛が生えているので自重しました。

気になる方は珈琲哲学へ……_(._.)_

あぁ本当にすいません。

 

写真がないので恐縮なんですが、とにかくデカかった!

顔がデカいと評判の私の3倍くらいありました。

隣の席のパスタものぞき見したらこれまたビビるくらいの量があったぞ。

そして味は文句なくうまい。

生地はモチモチ。

モッツァレラチーズがたっぷり。

 

隣のおばさまもペロリとパスタを平らげていました。

最初は食べきれるか不安だったけど、おいしさのせいで心配はいらなかった。

満足満足。

 

さぁ食後のコーヒーといきましょうか。

コーヒーはちゃんと写真を撮っておいたよ。

こんな感じだよ。

私が頼んだのは哲学ブレンドです。

香りが良いですねー。

落ち着くわ。

 

一通り香りを楽しんだところで一口。

舌に苦味と酸味が絶妙なバランスで染みこんでいきます。

さすが店名に「コーヒー」と「哲学」が入っているくらのもんはあるな。

研究を重ねられて生み出されたのだろう。

こんなおいしいコーヒーをありがとう珈琲哲学。

 

帰り際、ペッパー君にもお礼を告げてその場を後にしました。

店内は広い市、一人でも、カップルでも、家族でも場面を選ばずに利用できるお店だと思います。

時間を私と同じように浪費しているキミ!

たまには珈琲哲学で優雅な時間を過ごしてみてはいかが?

お店の個人的感想
フツーにうまいぞ!
値段 普通だぞ!
大きさ 結構大き目だぞ
特徴 お店は広くてアクセスも良好だぞ!
その他 ペッパー君が出迎えてくれるぞ!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

うますぎ!新湊の絶品カレー中華「スパロー」に行ってきた【富山ラーメン隊】

人気店チョリチョリが移転!新店舗でさらに快適カレーライフを!

四十萬亭のランチは富山最強コスパ定食かもしれない。

【パンのおと】対面式販売の絶品パン屋さんに行ってきた。

Isoya(イソヤ)のカレーソーセージフランスを食べてみろ!

チョリチョリがうまい!富山の人気インドカレーを紹介するぞ