富山の回転寿司のレベルが高すぎる!白エビが回ってるんだぞ

こんにちは。

めんやです。

好きな食べ物は焼肉と寿しとラーメンです。

うーん王道。

27年間彼女がいないとお金がたまって仕方ない(自慢)。

全部貯金に回る。

今日もデフレに貢献しています。

日本経済を危惧している富山の女性。

僕と付き合えばため込んだお金を、湯水のごとくキミのためだけに使ってあげるよ。

さぁ恥ずかしがらないで名乗り出て!!

 

はぁ。

週末、一人で寿司を食ってきました。

僕と付き合うのは無理かもしれないけど、富山の回転寿しは嫌いにならないでね。

ってか、ならないか。

レベル高すぎだもん。

目次

富山のメジャー回転寿司店「きときと寿し」に行ってきた。

富山は日本海の幸にあふれてるんだよ。

氷見の寒ブリや富山湾の白エビ。

滑川のホタルイカも有名ですね。

 

なもんで回転寿しのレベルも高すぎ。

めちゃくちゃうまいです。

食べ盛りの高校生でも5000円で最高級の寿司を腹いっぱい食べられます。

でも糖質制限してるからってシャリを残すことは許さんぞ。

それ、もう刺身だからね。

スーパーマーケットに行きなって。

 

さてさて。

今回僕が車をぶいーんって走らせて行ったお店が「きときと寿し」。

富山じゃメジャーな回転寿し屋です。

ちっちゃい頃に両親に「今日、きときと寿しいくでー」って言われたらめちゃくちゃテンション上がる寿し屋、それが「きときと寿し」です。

きときとっていうのは富山弁で「新鮮」を意味する言葉。

もう昔は世界一うまいものが食べられる店、ってイメージでしたね。

今の子はくら寿しで満足できるのかもしれないけど、きときと寿しで育った僕の舌は完全に洗練されてしまった。

そんじょそこらのお寿しでは満足できないぜ。

到着したでー!!

これがきときと寿しだ。

ちなみに右の方に映っている「新鮮」って看板。

これは後ろの「新鮮市場」っていうスーパーの看板だからお間違いなきよう……。

念のため。

良かったらきときと寿しを食べた後に、まだ小腹が空いていたらスーパーで刺身を買ってあげましょう。

なんせ新鮮だからね。

 

店内に入る。

こんちはー。

って店内に入ります。

ちなみに「こんちはー」っていうのは心の中で言っただけだからね。

本当に「こんちはー」って入ったら変な目で見られると思うんで、黙って入って良いよ。

次郎みたいな謎ルールもないので、気楽に入って良いよ。

 

店に入ると店員さんが席に案内してくれます。

または待ち時間を知らせてくれます。

今回は僕一人だったんでカウンター席に。

カウンターって一番落ち着くのって僕だけでしょうか。

 

酢飯の香りが店内に満ちていて、食欲が刺激されます。

粉末緑茶にお湯を入れて、さらにガリを一口。

これが僕の寿しを食べる前のウォーミングアップさ。

 

準備万端。

いざ食うぞー!

「すいませーん。白エビ!」

 

白エビ到着!!

なにはともあれ白エビだろ。

富山名物白エビだろ。

どっかーん!!

うんまそー。

キラキラしてますよ。

店内の照明を反射した光の微粒子が白エビから飛んでますよ。

まさに別名「白エビの宝石」通りの輝きだ。

このまま指輪にして持って帰りたいぜ。

 

そんな欲求を抑えて、白エビを一口でいただきまうす。

 

 

あまーい。

エビの甘さが口の中に広がります。

少し遅れて鼻の奥からさわやかな磯の香りが抜けていく。

たまらんぞこいつは。

これだけで富山に生まれてきた価値があるとも思えるぞ。

一気に食べちゃいます。

ペロリ。

 

こいつは海ぶどうだぞー。

酢飯から溢れちゃってんぞー。

実はあんまり食べたことなかったんですけど、おいしかった。

富山の回転寿司はどこもネタが大きいんです。

酢飯が見えねーよ!ってくらいのネタもあります。

とっても贅沢なんです。

 

 

その後も一人、寿しを貪り食う僕。

うますぎて途中、食べれば食べるほど空腹が増すような気さえした。

でも人間だからね。

必ずズシリと来る瞬間が訪れます。

 

いやぁ食った食った。

食べることに集中しすぎて、写真を撮ることをすっかり忘れてました。

まさかの白エビと海ぶどうだけ……。

他のネタを見たければぜひ自分で行ってみよう!

富山の回転寿しに。

味と満足は1億パーセント保証しますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる