呉羽梨がうまい!新高(にいたか)を食べてみたよ

いつもありがとうございます。

まろまろです。

富山の食の名物は魚だけじゃないぞ!

例えば呉羽梨

富山県の真ん中を半分に切るように伸びている呉羽山。

呉羽地区の丘陵では古くから梨の栽培をしているんです。

 

歴史は明治30年からなんだってー!

 

長く梨栽培に関する技術を磨いてきた呉羽地区。

だからこそおいしい梨が取れるんです。

「呉羽梨」はブランド化され、全国でも確固たる地域を築いています。

 

品種は数種類あり、8月から10月くらいまで収穫されています。

幸水、豊水、新高が代表的な品種。

 

幸水、豊水はメジャーですよね。

それに次ぐ品種としてあるのが新高です!

今日はスーパーで安く売られていた呉羽梨(新高)を食べてみたぞ!

呉羽梨の新高を食べてみたよ。

呉羽梨の新高は、香水や豊水と比べて一般的には大きいと言われています。

だいたい400〜500グラムなんだって。

幸水よりも一回り大きいイメージですね。

 

写真はこれだ!

うん。

……パッと見だと分かんないけど、確かに大きい感じ。

ライターでも横に置けばよかったかなぁと思ったけど、そもそもタバコを吸わない僕。

 

さてさて。

手に持つとズッシリとした重みが手のひらに伝わってくるぞ。

太陽の光をたくさん吸い込んで育ってきた感じ。

この感じ分かりますか?

 

分かりますよねー!!

 

はい。

それでは皮を剥いていきます。

洗って皮ごと食べる人もいますけど、僕はそこまでワイルドじゃないんでね。

どちらかというとデリケートなんでね。

胃だけじゃなくて、顔も塩系なんでね。

 

はい、綺麗に剥けたぞ。

ズル剥けだぞ。

綺麗な光沢をみてくださいやー。

瑞々しさが梨の表面からも溢れまくっているぞ。

もう100%うまいやんけ。

アップでもう1枚。

 

剥いた奴と剥いていない奴の比較写真が下記だ。

このコントラストを見よ!

美しいぜ。

人間も外見だけで判断しちゃいけないぜ。

中身を見なきゃ中身を。

梨だってさぁ、こんな白い綺麗な身をしてるんだもんね。

全く梨は色々なことを教えてくれるよなぁ。

ありがとう梨。

 

……さてそろそろ食べるか。

ガブリと一口。

うむ。

ナイスな歯触り。

シャクシャクとした食感が心地よい。

噛みしめるたびに甘さと酸味が口の中に広がります。

幸水よりも、甘味は強くないけど、代わりに後味がさわやか。

お口の中が浄化されるようなイメージだ。

 

やっぱり呉羽梨、うまい!

夏の終わりから秋にかけて、富山に来たならぜひご賞味あれ!

呉羽梨、絶品ですよー。

呉羽地域の場所

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

富山を蕎麦食べるなら樹樹は外せない!【デートにもおススメ】

高岡の家系ラーメンといえば元喜家だろう!【富山ラーメン隊】

糸庄のもつ煮込みうどんは富山のうどん好きには外せない名店だ!

磯部町の老舗喫茶店「ティファニィ」の重厚感がスゴイ!

花むら(富山市栃谷)はとんかつフリークには外せない件

ブーランジェリー トランティアン (Boulangerie TRENTE ET ...